落合川WS2024_バナー_24070

参加者募集 東久留米の落合川 アニメーテッドラーニングーアニメで伝える、わたしたちのまちと未来 2024 <<小学5年生、6年生、中学生向けワークショップ>>

アニメーテッドラーニング 

落合川であそんで、学んで、思い出をアニメにしよう

落合(おちあい)(がわ)()()をしろう

2024年 8/10(土), 11(日)開催

  • わたしたちのまちを流れる落合(おちあい)(がわ)探求(たんきゅう)して、川で見つけたこと、感じたことを物語にして、アニメをつくるワークショップが今年も開催されます。
  • テーマは「湧水(ゆうすい)(わき水)と井戸(いど)をとおして地下水(ちかすい)のつながりをしろう」です。
  • 今年1月1日に地震が発生した能登半島では、いまも断水の地域があります。
  • 地下水が豊かに流れる東久留米でも、自然災害などで水道が使えなくなる危険はあります。風呂や洗濯に使う水(生活用水)ならば、()()の水が使えそうです。
  • 市が発行する「防災マップ2023」に「震災(しんさい)対策(たいさく)指定(してい)井戸(いど)(生活(せいかつ)用水(ようすい))」がしるされています。
  • しかし地下水がわき出る井戸は使えるようにしておかないと、いざという時に役に立たないことがあります。
  • このワークショップで、震災対策指定井戸を見学して、東久留米の水を学び、この水をどのように守るか考えましょう。
動画を見て調べよう! 昔の道具とくらし 道具紹介「井戸」(横浜市歴史博物館)
    • 落合川(おちあいがわ)は東京都東久留米市八幡町を源流(げんりゅう)とし、黒目川(くろめがわ)に合流して、埼玉県新座市(にいざし)と朝霞市(あさかし)を流れ、新河岸川(しんがしがわ)そして荒川(あらかわ)へ流入します。
    • 1970年代なかばまで生活(せいかつ)排水(はいすい)(ちく)(さん)排水(はいすい)(よご)れましたが、行政・市民・企業(多くのひとたち)の努力により清流にもどり、いまではホトケドジョウナガエミクリなど、とても数が少なくなった生物(希少(きしょう)野生(やせい)生物(せいぶつ))も観察できます。
    • 落合川には南沢湧水(みなみさわゆうすい)、竹林湧水(ちくりんゆうすい)など、多くの(ゆう)(すい)(わき水)が見られるなど自然豊かな場所で、散歩やジョギングなどのレジャーを楽しめます。
  • ワークショップの1日目の前半は落合川と竹林公園、そして井戸で体験学習します。竹林公園でわき水(湧水)を調べ、近くにある井戸を見学します。川に入り、宝もの(たからもの)を見つけながら、水の環境(かんきょう)や川の循環(じゅんかん)を学びましょう。後半は落合川での体験を物語にします。
  • 2日目は、みんなで考えた物語をコマ()りアプリを使ってアニメにします。アニメをみんなで見て、ふりかえります。
    • ※ワークショップはグループにわかれ、チームワークでおこないます。

開催概要

  • 活動日、活動時間、活動場所
8/10(土)午前9時30分ー午後4時*東久留米市 市民プラザ プラザホール ※集合場所
落合川、竹林公園、震災対策指定井戸
東久留米市立生涯学習センター B1創作室
8/11(日)午前9時30分ー午後4時*東久留米市立生涯学習センター B1創作室
市民プラザ(市役所) アクセスマップ>>
生涯学習センター アクセスマップ>>
    • 2日間参加してください
    • 終了時間はワークの内容と進行状況で早くなることがあります。くわしいことは参加者にお知らせします。
    • 参加登録後に体調不良などで欠席する場合は事務局にご連絡ください。

ワークショップの目的

  • 落合川に親しむ:川の水と環境、水の循環を知る、学ぶ。
  • 井戸で体験活動をして、井戸(地下水)の利用と保全の重要性を学ぶ。
  • 体験(情報、感情、感想)から「伝えたいコト」を整理して、アニメで表現し、伝える。
  • アニメーテッドラーニングとは
    • アニメーテッドラーニング(Animated Learning)は、アニメーションの制作と発表を通じて学習とコミュニケーションを深めて学習者のさまざまな能力を引き出し、学習者が自信や積極性を育むことを目指しています。
    • なぜ、アニメーションの制作と発表が学びやコミュニケーションのツールになるのでしょう・・・
      • アニメーション(アニメ)はわたしたちに身近で、日本を代表する文化ともいわれいます。みなさんも「アニメをつくりたい」と思いませんか?
      • アニメはタブレットとアプリで簡単につくれるようになりました。このワークショップで体験や考えをアニメで表現してみましょう。
      • アニメをむやみにつくるのでなく、グループで話し合いながら、体験したことから主人公(キャラクター)や物語、そしてアニメの設計図を考えます。
      • アニメーテッドラーニングでは体験したことを理解し、伝えたいコトをアニメ、イラスト、図記号、サウンドなどで表現します。文章や文字・漢字が苦手でも、あなたの得意な表現で考えを表していいんです
      • アニメで、アイデアを表現してみよう!

ワークショップの内容

  • ワークショップの内容は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。
  • 終了時間はワークの内容と進行状況で早くなることがあります。くわしいことは参加者にお知らせします。
落合川WS2024_井戸の調査イラスト

1日目 8月10日(土)

午前9時30分~午後4時

  • 集合場所東久留米市 市民プラザ プラザホール
  • 活動場所:落合川、竹林公園、市民プラザホール、東久留米市立生涯学習センター B1創作室
  • 午前:落合川であそぶ、体験学習。保護者も参加できます。
  • 午後:体験を物語にします。

①オリエンテーション東久留米市 市民プラザ プラザホールに集合。
ワークショップの予定と注意することなどをお話しします。
※グループにわかれます。
②川であそぶ、観察する落合川、竹林公園へ移動。
活動1 水温や水質などを調査、記録する。
活動2 落合川の動植物や周辺環境を観察する。
活動3 宝もの(たからもの)を見つけて、持ち帰る。
③井戸を見学する活動4 震災対策井戸指定井戸のお話しを聞く。
活動5 水位などを測定、記録する。
④昼食、移動市民プラザ プラザホールへ移動。
昼食は自分で持って来てください。
東久留米市立生涯学習センターへバスで移動。
⑤川で発見したこと午後のワークは東久留米市立生涯学習センターでおこないます
「発見したこと、考えたこと、感じたこと」を整理する。
川あそびの先生/先輩が、質問に答えたり、説明します。
⑥コマ()りあそび川で見つけた「宝もの」で短いアニメをつくる(アプリの操作練習)。
 コマ撮りアプリStopMotionStudio(ストップモーションスタジオ)
⑦物語を考える川で「発見したこと、考えたこと、感じたこと」を物語にする。
グループで伝えたいコトを話し合い、1つの物語を考えましょう。
⑧まとめ2日目の予定、参加アンケート
落合川WS2024_Day2

2日目 8月11日(日)

午前9時30分~午後4時

  • 集合場所東久留米市立生涯学習センター B1創作室
  • 活動場所:東久留米市立生涯学習センター B1創作室
  • 川の活動で考えた物語をアニメにします。
  • アニメを発表して、ふりかえりをします。

①アイスブレイクワークの前にリラックス!「ひらめき・インスピレーション」
 落合川、竹林公園、井戸で発見したこと、考えたこと、感じたことを思い出そう!
②物語の完成アニメの設計図=ワークシート「4画面物語(よんがめんものがたり)」をつくる。
 アニメにするシーンのイメージ図
 必要なキャラクター、小道具(持ちもの)、
(
背景(はいけい)(バックグラウンド)など
サウンド、ナレーションなどをつけるなら、効果音やセリフなどを考える。
撮影(さつえい)の準備係を決める。
 絵を描く、キャラクターや背景をつくる、アプリを操作する、監督(かんとく)など
キャラクター、小道具(持ちもの)、
(背景(はいけい)
などを作成する。
撮影ステージ(タブレットと撮影するモノを置くところ)を組み立てる。
④昼食昼食は自分で持って来てください。
撮影(さつえい)コマ()りアプリで撮影する。
タイトルとエンドクレジットを撮影する。
サウンド、ナレーションなどを録音する。
データを出力する。
⑥発表とふりかえりアニメを発表する。
全体でふりかえりをする・・・「伝えたいコト」は見ているひとに伝わったかな?
グループでふりかえりをする・・・どうしたら、伝えたいコトがもっと伝わる?
⑦まとめワークショップできたこと・楽しかったこと、アンケート回答

準備すること/もの・・・保護者の方、中学生の参加者へ

  • 服装
    • 1日目 屋外活動と屋内活動
      • 川あそびできる軽装。事故予防のため短パンより長ズボンをおススメします。
      • 水濡れするため、タオルと着替え、替えの靴など、またビニール袋があるとよいでしょう
      • 靴:靴底が滑りにくく、汚れや水濡れOKで脱げにくい短靴(古い靴で良いですよ)。
        • サンダルはひも付きであればよいですが、足を保護するために靴下をはくとよいでしょう。
        • 家にあるなら、スポーツシューズやウォーターシューズをおススメします。
        • 長靴は水中で歩きにくく、中に水が入りやすいので、はかないでください。
      • 帽子、サングラス、日焼け止めクリーム等は必要ならば持ってきてください。
      • 虫よけ:雑木林、竹林に入ります。蚊や害虫の対策は各自おこなってください
    • 2日目 屋内活動
      • 活動しやすい軽装。工作やコマ撮りで汚れてもよい服装。
  • 熱中症対策
    • 活動中は自由に飲料やおやつなどはとってください。
    • 事務局が飲料(水)を準備しますが、持参できるなら自分の飲み物を持ってきてください。
    • 活動中に気分が悪くなったら、すぐに申し出てください。
  • 感染症対策
    • マスクなどは各自の判断で着用してください。
    • 発熱や下痢などを伴う症状がある場合は来場を控えてください
  • 昼食
    • 各自が準備してください。
      • 昼休憩は30分くらいしかありません。
  • 道具
    • 川の活動に必要な器具とアニメ制作に必要な道具(右利き用)は主催者が準備します。
      • グループ活動で、アニメ制作に必要な材料が出たら各自で購入をお願いする場合もあります。
      • 左利き文房具、使い慣れた文房具を使いたければ、名前を付けて持ってきてください。
    • 箱メガネ:川の観察用の箱メガネを持参してもよいです。
  • アニメのキャラ
    • アニメにしたいキャラクター(主人公など)は落合川の活動で見つけましょう。
    • グループの話し合いで「自分の持ちもの」をアニメに登場させるとなったら、それぞれ持ってきてください。
  • タブレットなど
    • 会場には次の機材があります:
      • コマ撮り用のタブレット(Android)。
    • 無理のない範囲で、希望するなら、参加者のスマホやタブレットの持ち込んでもよいです。
      • インターネット接続できません。

調べ学習

  • 落合川を調べる ワークシップの前に
    • なりたち(地理、歴史)、動物や植物、周辺の町や産業などを調べておくと、学びが深まり、アニメの物語がおもしろくなります。調べ学習もしてみましょう。
    • 落合川にはたくさんの湧水(ゆうすい、わきみず)が流れ込んでいます。湧水は、雨として降った水が地中にしみこみ、また地上に現れた水です。水はわたしたちが見えるところと見えないところをめぐっています。これを「水循環(みずじゅんかん)」、「水の循環」と呼びます。
アニメ「水のおはなし」(製作:内閣官房水循環政策本部事務局)>>
落合川WS_多摩六都科学館 _東久留米の川の魚と仲良くなろう
落合川WS_多摩六都科学館_東久留米の川の魚と仲良くなろう
落合川WS_東久留米市役所_生きものの四季―東久留米市内、落合川・黒目川周辺で見られる野鳥から―
  • 東久留米市のウェブサイトには「生きものの四季―東久留米市内、落合川・黒目川周辺で見られる野鳥から」がのっているよ。
  • おとなや高学年向けなので、くわしいひとといっしょに調べてみよう。
  • PDF(7ページ)ダウンロード>>

落合川WS‗東久留米市役所_東久留米・水の回廊2017.10
  • 東久留米市のウェブサイトには「東久留米・水の回廊」という資料ものっている。
  • すこしむずかしいけれど、東久留米の川や水辺で生きている動植物、川とひとびとのくらし、市民の保全活動などが説明されている。
  • PDF(16ページ)ダウンロード>>

落合川WS_東久留米市第三次緑の基本計画
    • AI図鑑アプリ
      • 屋外で興味を持った生きものを、スマホを使えるなら、AI図鑑アプリで調べてみてもいいね。
      • でもアプリだけでなく、学校や図書館にある図鑑や本で確認したり、もっとくわしく調べるといいね。
      • パシャっとわかるAI図鑑 ナニコレンズ – Gakken(対応OSバージョン:iOS14~15、Android11~12)
    • すこしむずかしいかな?ワークショップでアプリの使い方は説明するよ。
  • 落合川の水を調べる
    • 1日目(8月10日)は竹林公園で、地中から水がわき出る湧水(ゆうすい、わき水)を探します。
    • 水がわき出る場所と水が流れている場所では、水温や、水に溶け込んでいる物質の量が異なります。
    • 落合川では物質の量の差はわずかですが、キットで調べることができます。
    • 検査キットで調べる物質
      • COD:COD(化学的酸素要求量(かがくてきさんそようきゅうりょう))は水の中で有機物(ゆうきぶつ)(酸化剤(さんかざい)酸化(さんか)するときに消費される酸素量(さんそりょう)のことです。有機物が多いと川や沼に溶けこんでいる酸素が消費され、生きものがすみにくい状態になったり、酸素の不足により生態系(せいたいけい)のバランスがくずれ、川や沼の浄化(じょうか)能力(のうりょく)(きれいにする力)が失われている可能性があります。国土交通省の参考サイト>>
      • りん酸態りん:りん(さん)(たい)りんは(栄養塩(えいようえん)として藻類(そうるい)に吸収利用されるため富栄養化(ふえいようか)現象(げんしょう)の原因物質となります。りんは土壌や岩石が水に溶けこんで自然界から入ってくる分もありますが、人間の活動ももたらします。開発による土壌の流出、森林や農地に過剰に散布された肥料、家庭排水、し尿、工場排水、畜産(ちくさん)排水などがあります。富栄養化とは(小学館のサイト)>>
      • 窒素(ちっそ)化合物(かごうぶつ)
      • アンモニウム態窒素:アンモニウム(たい)窒素(ちっそは水中にアンモニウム塩としてふくまれている窒素のことです。アンモニウム態窒素はおもにし尿や家庭下水中の有機物の分解や工場排水が原因で、それらによる水質汚染の有力な指標となります。国土交通省 関東地方整備局 江戸川河川事務所サイト>>
      • 亜硝酸態窒素亜硝酸(あしょうさん)(たい)窒素(ちっそ)とは、窒素肥料、腐敗した動植物、家庭排水、下水などに由来します。これらにふくまれる窒素(ちっそ)化合物(かごうぶつ)が、水や土の中で化学的・微生物的に酸化(さんか)還元(かんげん)を受けて生成します。
      • 硝酸態窒素硝酸(しょうさん)(たい)窒素(ちっそ)硝酸塩(しょうさんえん)としてふくまれている窒素(ちっそ)のことで、水の中では硝酸(しょうさん)イオンとして存在しています。いろいろな窒素(ちっそ)化合物(かごうぶつ)酸化(さんか)されて生じた最終(さいしゅう)生成物(せいせいぶつ)で、富栄養化(ふえいようか)の原因となります。
        • 窒素化合物は土の中で微生物などの働きによって
        • アンモニア(たい)窒素(ちっそ) → 亜硝酸(あしょうさん)(たい)窒素(ちっそ) → 硝酸(しょうさん)(たい)窒素(ちっそ) → 窒素(ちっそ)ガス 
        • という流れで、形を変えていきます。水質分析.comのサイト>>
  • 東久留米・黒目川流域 水の会のひとたちが学びを助けてくれるから、いっしょに調べてみよう!
    • 川の水調査キットでなにを、どのように調べるかを知りたいひとは説明書も読んでください。
  • わたしたちの生活と落合川の水を考えてみよう!
    • 落合川に入って、調べて、水の状態はどうだった?
    • 今の川の状態はわたしたちの生活や社会の活動をしめしているんだよ。
    • もっと調べてみよう!
落合川WS_環境省_家計にもやさしい生活排水対策・10の工夫
  • 水辺の安全ハンドブック(河川財団、2023年7月版)
    • 私たちの身近にある川は、自然がいっぱいで大変魅力的な空間です。しかしながら、水辺のシーズンになると繰り返されるのが水難事故。毎年200-300名の方が犠牲に遭い、水に関わる子どもの事故の約6割が川や湖で起こっています。
    • 川などでの水難事故の原因やデータ分析を行っている河川財団では、そういった水辺の事故を防ぐため2001年より「水辺の安全ハンドブック」を作成・公開しています。このたび子どものみならず大人もライフジャケットを着て事故を防いで欲しいという思いから、内容や構成を完全リニューアルした2020年版として公開いたしました。
    • 初めての川体験や川のキャンプをはじめとした水辺での活動をする保護者・団体・学校関係者等の皆様に活用していただき、水難事故の防止にお役立てください。
    • 水辺の安全ハンドブック>>
  • 川あそびを安全におこなう情報がいろいろと書かれています。友だちや家族と川あそびする前に読んでおくといいですね。

川あそびと学びの先生

  • 落合川のあそびの先生
    • はせさん(長谷川怜思) 東久留米・黒目川流域 水の会/小学校からの石好きが高じ、八千代エンジニヤリング株式会社で地質(ちしつ)技術者(ぎじゅつしゃ)(「水」と「石」にまつわる専門家)として活躍中。隣町の西東京市に住み、落合川でよく遊んでいます。
落合川WS_水の会ビデオ
  • 東久留米・黒目川流域 水の会(ひがしくるめ・くろめがわりゅういき みずのかい)
  • 東久留米や黒目川流域の豊かな自然環境を次の世代へ残すために、マップや冊子、見学会などでまちや水の魅力を発信し、自然環境の調査もおこなう市民団体です。
  • 本ワークショップでメンバーが川のはじまり発見を手助けします。

  • リーダー=川あそびのともだち、アニメ制作の先輩
    • 武蔵野美術大学の大学生がリーダーとして、みんなのアニメ制作を助けてくれます。
  • みんなの話し合いのお助け役、事務局
    • なみさん(浪越徳子) アニメーテッドラーニングらぼの理事/日本や世界のデジタルコンテンツ、CGアーティストや研究者が活躍する場をつくっています。黒目川の水源がある小平霊園に墓参りをしています。
    • ひとさん(伊藤裕美) アニメーテッドラーニングらぼの理事/5歳から埼玉県の朝霞(あさか、黒目川の下流にある町)に住んで、黒目川に面した中学校に通っていました。みんなとアニメーテッドラーニングができるのが楽しみ。

撮影、写真・映像等の使用について・・・保護者の方、中学生の参加者へ

  1. 一般社団法人アニメーテッドラーニングらぼ(以下、当団体)では広報等に使用する目的で、活動中にスタッフが写真撮影と録画をおこないます。上記の写真や映像、および参加者が活動中に制作した著作物(アニメとワークシート)と参加者氏名(イニシャル表記)を、報告書や刊行物、インターネット(ソーシャルメディアサービスを含む)等に掲載することがあります。
  2. 当団体と協力者は研究等の目的で、(1)の写真や映像、および参加者が活動中に制作した著作物(アニメとワークシート)と参加者氏名(イニシャル表記)を、学会や著作物、インターネット(ソーシャルメディアサービスを含む)等で発表することがあります。
  3. この活動は子どもゆめ基金の助成を受けており、活動の様子がわかる写真を提出することとなっております。子どもゆめ基金への報告用に提出した個人情報(写真等)は、「(独)国立青少年教育振興機構が保有する個人情報の適切な管理に関する規定」に基づき、子どもゆめ基金助成業務以外の目的には使用されません。
  • くわしいことは「参加申込フォーム」を見てください。

お問い合わせとお申し込み

  • お問い合わせはメールでお願いします。担当:伊藤。
  • メールの表題(タイトル)は「落合川ワークショップ」としてください。
  • info@alljp.org
  • 参加の申し込みは保護者(お家の方)が参加をしてよいと言われてから、参加申込フォームを記入して送信してください。
  • 参加申込フォーム(Google Form) フォーム入力ができない方は上記メールアドレスへご連絡ください。
  • 本ワークショップの内容は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください

令和6年度子どもゆめ基金 子ども体験活動 助成活動「東久留米の落合川 アニメーテッドラーニングーアニメで伝える、わたしたちのまちと未来2024」(独立行政法人 国立青少年教育振興機構)


本ワークショップは、アニメーテッドラーニングの日本における普及促進を目的とし、一般社団法人アニメーテッドラーニングらぼが企画運営いたします。アニメーテッドラーニングの普及促進やその実践のためならば、弊法人の許可なくこのページのコピーや転載ができます。その際は出典(本サイトURL等)と下記のコピーライトを明記してください。

© 2024 一般社団法人アニメーテッドラーニングらぼ/Animated Learning Lab in Japan-ALLjp. All Rights Reserved.